バストアップに効果的な運動とは

7月 24th, 2014

バストの9割は脂肪でできており、1割は乳腺組織からできています。 バストを支える役割を担っているのは大胸筋です。 大胸筋とは、バストの上部の筋肉のことを言い、そこでバストを支えています。 大胸筋が老化すると、ハリがなくなりバストを支えきれなくなり様々な悪影響が出てきます。 大胸筋を鍛えることでバストアップが可能になります。 大胸筋だけではなく、外側の皮膚も弾力を保つことが重要になるため、肌のケアも欠かさず行いましょう。 ポイントとしては、乳腺・大胸筋・肌を継続的に良い状態を保っていくことが、美しいバストに繋がります。 バストアップの実行はいつ始めても遅くはありません。 現在必要がなくても、将来を見据えた継続的なバストアップを行っていくようにしましょう。 バストアップのための運動とは、胸をおおきくするためだけのものではありません。 垂れたバストを持ち上げ、トップの位置を上げるだけでも効果があります。 大胸筋を鍛えるためには、両手の手のひらを胸の前で合わせ力を入れる方法が一般的に知られています。 腕立て伏せでも大胸筋が鍛えられるため、日々少しずつでも行うようにしましょう。 大胸筋を鍛える運動は、器具を使う必要はなく、日々の心がけで実行できるのです。 骨格のゆがみを改正することもバストアップに繋がります。

Comments are closed.