豊胸手術について

7月 24th, 2014

豊胸手術はバストを大きくするために施す外科的な治療です。 外科的な治療方法は様々なものがあり、病院によってその方法も違ってきます。 一般的に昔から行われているのが、シリコンバッグを埋め込む治療です。 シリコンバッグを胸に埋め込む手法は、仕上がりが不自然で乳がんの原因になることがあります。 シリコンバッグと食塩水バッグがあります。 最近では簡単な外科治療として、ヒアルロン酸の注入などが多く利用されています。 ヒアルロン酸の注入は効果は一時的ですが、簡単に行うことができるため、プチ豊胸と呼ばれています。 医療技術の進化により、自分の体内から脂肪吸引で抽出した皮下脂肪を移植することができます。 脂肪注入は埋め込むわけではないため、レントゲンには映りません。 しかし、医者によって治療に違いが見られるため、近年では訴訟が増えているのが現実です。 最近新しく出てきたものが、コンデンスリッチファット注入です。 皮下脂肪をフィルターによって不純物を除去し、健全な脂肪のみを移植することができます。 豊胸手術には様々な種類がありますが、どれも手術を終えた後のケアの仕方も重要になります。 豊胸手術後には必ず継続的にマッサージを行わなければなりません。 術後マッサージを行うことで、人体への拒否反応を和らげることができます。

Comments are closed.